医師たち

更年期障の症状とは|正しい知識を知ることが大切

難治性がんの早期発見

看護師と女性

膵臓がんとともに難治性と言われる胆管がんは、早期発見できれば手術での完治も可能です。手術の難易度は高いですが、胆管がん手術に実績のある外科医なら成功に導くだけの高い技術を持っています。胆管の中でも肝臓の出口に当たる総胆管にがんができた場合は黄疸の症状が出やすいため、早期発見の目安となります。

詳細

脱腸の予防策と治療法

手術室

後天的な鼠径ヘルニアは予防が可能です。予防策は肥満を解消すること、お腹に急激に力を入れないことです。便秘気味だと、お腹に急激に力が入りますので、便秘解消も予防となります。発症してしまったら、手術で治すしかないのですが、痛みはなく、日帰り手術も可能ですので心配無用です。

詳細

閉経前後の体調不良

ウーマン

原因はホルモンバランス

更年期障害とは更年期に起こるホルモンバランス異常による体調の変化のことです。更年期は女性の年齢で言うと40代から50代前半の閉経前後の時期で、卵巣機能が低下してホルモン分泌が減っていく時期に当ります。近年では40歳未満で閉経する早発閉経の人が増えており、30代で更年期障害になる人もいます。ホルモンバランスが崩れることで身体的、精神的な不調が出現します。更年期障害は自律神経失調症のひとつです。ホルモンバランス以外の原因として、子どもの独立や夫の病気や定年、親の病気や介護などによる生活の変化へのストレスや仕事でのストレスもあります。それらが重なり更年期障害が発症します。症状のあらわれ方には個人差が大きくあり、何も感じない人もいれば、動くことも苦痛なくらい大変な人もいます。更年期障害の症状について、詳しく見ていきましょう。

個人差が大きくあります

更年期障害の症状には、顔のほてり(ホットフラッシュ)、のぼせ、多汗(スェッティング)、動悸、倦怠感、めまいやふらつき、耳鳴り、頭重感、頭痛、抜け毛が増えて毛が薄くなる、冷える、吐き気、食欲が出ない、太りやすい、月経異常、不正出血など様々なものがあります。精神的な症状では、神経質になる、イライラする、気分が落ちこみ鬱々する、頭がぼーっとして意欲が湧かない、夜が眠れない、記憶力の低下などがあります。どんな症状があらわれるかについても個人によって違います。更年期障害の治療は、ホルモンバランスや症状の程度などによってそれぞれアプローチが違います。ホルモン補充療法や低用量ピル、漢方薬などの治療法があります。生活習慣を改善し規則正しい生活にすることも効果があります。更年期障害のような症状があらわれた時は医師に相談しましょう。また更年期障害は女性のみならず男性にも起こるケースがあります。身近な男性に上記のような症状がある場合も、病院受診をすすめるようにしましょう。

がん細胞を撃退できる

眠る婦人

免疫療法は、はじめは数を単に増殖させるだけでしたが、がん細胞の情報をインプットしてより的確に攻撃させると言った方法へと変わってきています。更に免疫療法分野で人気のある病院では、複数の情報をインプットさせることでがんの性質の変化にも対応可能となっています。

詳細